スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょぼいライト略してショボト

deathnote1

原作の漫画がアニメになり映画になり
そして現在ドラマが放送されている『デスけ』。
あっ…違いますね。『DEATH NOTE』です。
アニメは原作の最終部分から別のにハマっていたので
アニメをする事は知らなく、見る機会がなかったので見てないです。
映画は映画館に行き、オリジナル展開も入っていたが楽しかったです。

けれどもドラマの設定は原作とかなり変わっています。
主人公の夜神月が天才設定が凡人になってて
ドラマを見ているとすごく不安になってきます。笑

ライバルのLは天才のままで本来なら天才同士の対決が
天才と凡人の対決になっているのですごく不安。笑
原作の場合はライトなら何か秘策があるんだろうと
安心感があって読めたけれど……ドラマにそんな安心感はないです。笑
だいたい『DEATH NOTE』は知識で戦うような感じがメインなのに
ライトを凡人にしてどうするんでしょうね。

まったく…(#゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

しかもドラマのライト…ショボトは英和辞典がなければ
英語が読めないぐらいの知識なのに、デスノートを拾ったあと
突然知識が上がったように原作のライトが考えた方法で
Lが仕掛けたものをかわしていくから、もの凄く違和感ある。笑
原作通りにするならライトの設定は原作設定がいいと思います。
原作のライトが使うトリックは天才のライトが考えるから
納得するからであり、ドラマのショボトがすると本当に違和感ある!笑
ライトが考えたのに、ショボトによって「凡人でも思いつく」みたいに
言われているようで、めちゃくちゃ嫌なんですけれどねっ!!

ショボトは凡人なりに凡人のトリックを考えたらいいのに
天才ライトの原作トリックそのまま使いますので

 本 当 に 解 せ ぬ っ ! !

デスノートを拾ったら知識が上がるとか
実は原作のデスノートをショボトが読みましたみたいだったらわかるんだけど。笑

deathnote2

来週のドラマはショボトとミサが協力関係になる話です。
この原作のシーンはとても好きなシーンです。
ミサは命の恩人のキラに憧れて、自分の寿命を半分にし
人々の本名と寿命が見える死神の目の能力を得て
ライトを見つけて会いに行き彼女にしてほしいと頼みます。
ライトは恋人にはなれないが、それの振りはできると言って
ミサを愛することはなく能力を利用することだけを目的にします。
ミサはライトのその考えをわかった上で恋人となるから
二人の契約を交わすシーンは本当に好きです。
しかも背景にお互いの死神がいるという『DEATH NOTE』ならではの
場面だと思うので、このシーンは神秘的で好きです。


一方ドラマのショボトは最初っからミサのファンという
アイドルオタク設定ですので、ミサに振り回されててカッコよくないです。
確かに原作でもミサが来たことでライトの計画が狂うことはあったが
それとアイドルオタクとして振り回されるのとは違います。笑
もう本当にしょぼい!なんでこんなにしょぼいの!!笑
ライト→ミサという関係性が全然萌えない!!笑

しかもミサがショボトの家に来たとき喜びの素振りがなかったし。

アイドルオタクだったんでしょ!?
その設定どこいったの!!?


絶対に原作みたいに神秘的なシーンにならないのは確実です。
むしろ原作通りにしなくていいです。ショボトによって壊されたくない。笑

deathnote3

ここのシーンは一度デスノートを手放して完全に記憶を失ったあと
再びデスノートを手にして、ライトの計画通りに進んでいるシーンです。
このあともう少し話進むとLが死にます。
ライトもミサも記憶を取り戻し、ライトがミサに二人で
犯罪者のいない優しい世界をつくっていこうという約束をしています。
ここでも背景に死神がいるので、最初の契約と似ているなと思い
ここのシーンも撮ってきました。笑
ライトが主人公みたいに綺麗なことを言っているけれど
実際はノートを使って殺しているという
表裏を表現しているシーンだと思います。
ちょっと久しぶりに『DEATH NOTE』をパラパラ読んできたけれど
やっぱり天才で完璧主義のライトはカッコよかったです。
ミサは一度デスノートを手放して目の能力もなくなり
再びデスノートを手にして、ライトのために
寿命が半分減っているのに更に寿命を半分にして
再び目の取引を死神とするという……本当にミサは可愛いです。

私は女の子キャラが好きだけれど、こういう愛する人のために
体を張る女の子が特に惹かれるんだと思います。

漫画の『DEATH NOTE』の弥海砂
漫画の『エルフェンリート』のルーシーorにゅう
ゲームの『テイルズ オブ デスティニー2』のリアラ
ゲームの『アンジェリーク 天空の鎮魂歌』のアンジェリーク・コレット
(↑アリオスルートのコレットです)


全員好きな人のために命を捧げた、または捧げようとしたキャラです。
きっと愛する人のために一途に頑張る女の子が好きなんです。
それが愛する人のために命を捧げるところまでいくと私の心に刻まれて
「あの子は本当に可愛かった。」というふうにそのキャラを思い出すんです。
『エルフェンリート』なんて主人公がルーシーだから
ルーシーの物語を全巻通して読み、最終的にルーシーが選んだ答えに納得し
尚且つ愛する人を助けるシーンがとても綺麗で感動してしまい
だからこそ一番好きな漫画は『エルフェンリート』なんでしょうね。

ドラマのショボトに戻るのですが、ショボトがデスノートを手放し記憶を失っても
アイドルオタクの平凡なショボトになるだけですよね。
原作のライトはデスノートを手放したら、キラを見つけ出してみせるという
本当に裏がない純粋の正義感でキラキラしていたのですが
ドラマはデスノートを持ってもショボトですが、手放してもショボトですね。笑
ま、こんなこと思っててもテキトーにドラマを見ます。笑
ライト好きの私はショボトが生まれてしまった以上
最期まで見届けないといけませんしね(^▽^*)。

テーマ : デスノート
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

バナーについて

リンクについては、フリーです。
リンク報告はご自由にしてください。
けれども報告してくださると喜びます♪
報告は、拍手orコメントを使ってください。

【ブログ名】華語り
【管理人】紫水 流華(シスイ リュウカ)
【リンク先】http://ryuka57.blog41.fc2.com/
(直リンクはやめてください)

hanagatari 
200×40のバナーはこちらです。

hanagatari blog 
170×40のバナーはこちらです。
主にブログ用として用意しました。
プロフィールの所に見本があります。
サイズについてはご自由に変えてください。
プロフィール

紫水 流華(シスイ リュウカ)

Author:紫水 流華(シスイ リュウカ)

電波星から来ました。
ゲーム脳です。
テイルズリシーズと
ネオロマンスのゲームが
体と頭から離れません。
育成ゲーム大好き。
TRPG大好き。



sakuhinno_oheya
作品だけのサイトを
作りました。
ブログで掲載した
イラストの倉庫です。
どうぞ上のアイコンを
クリックして
ご覧になってください!


管理画面
エレフとレオンの時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter
華語り~作品のお部屋~
手がきブログ
宿屋きよみ荘リンク
琵琶湖湖畔の民宿!
ペットも泊まれちゃう☆
宿屋きよみ荘へおいでよ♪♪
友達のブログ
友達のサイト
TWクラブサイト
登録しているサイト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
368位
アクセスランキングを見る>>
参加しています
テイルズオブシリーズ・攻略ブログ 乙女ゲー・攻略ブログ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ にほんブログ村 ゲームブログ テイルズオブシリーズへ
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。